十数年前に金石拓本の立体感を守るために、新たな表具技術を研究開発が出来ました、そのきっかけで金石拓本の収蔵及び学術研究にも趣味になり、八年の研究でやっと瘞鶴銘の研究論文が出来上がりました。また最近本人所蔵の「最初拓曹全碑」が北京文物出版社によって出版されました、「瘞鶴銘校補」論文及び「最初拓曹全碑」の写真掲載があります。

十幾年前為了維護金石拓本原有的立體感,研究開發了新的裝裱技術,由此對金石拓本的收藏以及學術研究產生濃厚的興趣,經過八年的研究,終于完成了瘞鶴銘的研究論文。另外本人收藏的「最初拓曹全碑」最近由北京文物出版社出版了,請點擊,里面有「瘞鶴銘校補」論文和「最初拓曹全碑」的照片